読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よすうけ’s blog

日々更新して行きます♪

ビジネス・投資 「金持ち父さん貧乏父さん」 [最近読んだ本]

金持ち父さん貧乏父さん

会社を辞め、保険等の手続きが少し経ち落ち着いた先月の中旬頃、前々から興味を持っていたロバートキヨサキさん著「金持ち父さん貧乏父さん」を読みました。(今ではキヨサキさん自体が不動産投資をしていなかったりことが暴かれたり、訴えられたり等、あまりよくない印象もあるようですが…)

 

読んだ中で、私自身が考えていた部分と似ていたところ、考え方として参考になったところがあったので、ここに整理しておきたいと思います。

 

 

負債ではなく資産を増やす

ここでいう「負債」とは日々のカードでの支払いや税金等のことを表しています。本書では居住用の不動産をローンで買うことも負債であると考えています。

また「資産」とは自らが何もしなくても収益を上げるビジネスや、株・債券、投資用の不動産等のことをいい、要は自らが動かなくても(最小の労力で)お金が生まれるもののことを指していました。

 

とても簡単に書くと、上記の負債ではなく資産を増やすことを優先し、

-----------------------------------------------------------------------

負債(日々の支払い) < 資産(日々の自動収益)

-----------------------------------------------------------------------

の関係を築くことで、支払いに追われることなく生きていくことができ、資産形成ができるという考え方です。

 

書いてみると当たり前のように感じますが、言われなければ考えないような気もします。

今の自分を考えてみると

資産・・・なし

負債・・・家の家賃、車の維持費、携帯代金、各種税金、国民健康保険 等

 

会社も辞めて所得も減るので、このままだと貧乏父さん(ダメな循環)になっていきそうですね、はい。

 

しかし、たまたまですがこの本を読む前から日々の支払い(負債)を減らすことを考えており、携帯をAUからUQモバイルへ変えました。

通信も早く、家ではWi-Fiもあるのでまったく不便なことはありません。

通信も2Gからありますが、節約モードと高速モードを切り替えることができ、節約モードを使用しているときにはデータ容量が減らないので、とても便利です♪

これに関しては別でまたブログで書きます!

 

ここから学ぶべきは負債を減らし資産を増やすことで生活は安定していき、またそれにより余裕資金が生まれることでそれをさらなる資産へ投資していけるという好循環を生んでいけるように、日々のお金の流れを考える必要があるということだと思います。

 

 

お金のために働くのではなく、お金を自分のために働かせる

この考え方に関してはまさにこの考え方が実行できればうまくお金を発生させられるんだろうと思いました。

現在自営業の居酒屋を手伝っている身ということもあり、居酒屋に当てはめた場合を考えました。

現在私の父のお店では父と私で料理を調理・盛り付けして、アルバイトがお客様に提供しています。

この状況はお金のために働いている状況であり、自分の時間を使って収益を確保しています。(自分がいなければ収益が生まれない状態)

この居酒屋の商売(ビジネス)を本書の考え方に沿って考えると、フランチャイズの居酒屋の経営者のようなビジネスをしていくことで近づいていくと感じました。

要するに、居酒屋の店舗や料理のメニュー・作り方等すべてを準備し、それを運営する誰かを雇うことで店舗の経営を成り立たせる(収益が上がる)ことができれば、上記の資産として扱うことができることになります。(要は店長ではなく店舗のオーナーになるということ)

今の私の父の居酒屋の状況では、父および私の代わりに誰かを雇って、料理を調理させ、収益を得られるようにすれば、私と父はこのお店があれば、何もせずにお金を得ることができます。

料理人を雇う=お金を自分のために働かせるとかんがえることができます。

(実際には食べ物だけでなく、人柄で常連になってくれてるお客様がいたり、現状の利益率や売り上げのままでは厳しい等、考え方の改善点はありますが)

 

 

この本を読んでこれから考えたいこと

他にもいろいろなことが書かれていますが、お金持ちになるにはまずキャッシュフロー(お金の流れ)をよく理解しなければいけませんし、会計のこと・投資のこと・市場のこと・また税金対策等の法律のこと、さまざまのことを勉強していく必要があることを感じました。

勉強は好きなので、また勉強をしながらこのブログにアップしていきたいと思います。

 

 ではまた♪